春メニュー(Primavera) ディナー

春メニュー(Primavera)ディナー

イタリアの伝統料理に日本の旬の食材を合わせた、春を感じるメニューです

  • 調理時間65分
  • エネルギー1014.3kcal
  • 塩分2.85g
  • たんぱく質32.7g

シェフからのメッセージ

ホタルイカとグリーンアスパラのリゾット

イカとアスパラガスの組み合わせは、イタリアではとてもポピュラーです。ホタルイカはイタリアにはありませんが、その小さな見た目とは裏腹に、イカのうまみと栄養素がぎゅっと詰まった日本の代表的な春の食材です。

真鯛のソテー アサリとカブのスープ

真鯛はイタリア全土で使用される食材です。その独特の味わいを、アサリとカブの優しい味わいと合わせました。

そら豆のパンナコッタ

そら豆はイタリア語でファーヴェ(Fave)といい、特にローマで春の食材として有名です。食べ方としては、生のまま、ペコリーノチーズや白ワインと一緒に食べるのがイタリア流です。今回はデザートに使う意外性を楽しんでください。

このメニューの栄養素(一人分)

調理時間 65分
エネルギー 1014.3kcal
塩分 2.85g
たんぱく質 32.7g

1日に必要な栄養素のうちどのぐらいの栄養素になるか?

エネルギーエネルギー
塩分塩分
たんぱく質たんぱく質
このメニューを食べる場合は、朝食や昼食は以下のようなメニューにして、1日の摂取量を調整するとよいでしょう。

◆朝食のメニュー(栄養素1人分 エネルギー:455.7kcal、塩分:1.4g、たんぱく質:7.7g)
ごはん、かぼちゃのみそ汁キャベツの煮浸し梅のくず湯

◆昼食のメニュー(栄養素1人分 エネルギー:729.8kcal、塩分:1.8g、たんぱく質:12.2g)
低たんぱく米(ピーエルシーごはん炊き上げ一番1/25 ホリカフーズ(株))、あじの南蛮漬けれんこんのきんぴらもやしのピリ辛和え、フルーツ(オレンジ・・・50g)
シェフの写真
妻形健司シェフ
静岡県静岡市に生まれる。東京で学生時代をすごした後、イタリア料理の世界へ入る。 麻布台(Restaurant CHIANTI)をはじめ、麻布十番(la Brianza)など都内数店のイタリア料理店にて修行を重ね渡伊。 イタリア全土を周遊しトスカーナ、ウンブリア、プーリア各州の星付きレストランを中心に約2年の修行をした後、帰国。 帰国後、再び麻布十番(la Brianza)を経て、目黒に『Animo felice』を開店。2016年11月に代々木上原に移転しリニューアルオープン。
レストランの写真
アニモ フェリーチェ
住所: 〒151-0064 東京都渋谷区上原2-47-16 J`sビル上原5階 
電話: 03-6886-6466
HP: http://animofelice.com/
じんくんと学ぶCKD



関連記事


トップへ