腎臓の機能を長くもたせるには?

薬物療法、生活習慣改善、食事療法、運動療法などの保存療法を行います。

慢性腎臓病の運動療法

監修:東北大学大学院 医学系研究科・医学部 内部障害学分野 准教授 伊藤 修 先生

適度な運動で腎機能の悪化を防ぐ

以前は、慢性腎臓病(CKD)の患者さんが運動すると蛋白尿が増えて腎障害が悪化するといわれ、なるべく安静を保つことが原則でした。
しかし最近、適度な運動は腎機能の低下を防ぎ、透析など腎代替療法への移行を遅らせること、そして死亡率も下げることがわかってきました(*)。こうしたことから、現在はCKD患者さんにも適度な運動が勧められています
※2016年4月から、糖尿病性腎症で一定条件のもとに医師が透析導入時期を遅らせるための運動療法を指導した場合に、健康保険が適用されるようになりました。

CKD患者における運動の考え方

運動する前の注意

運動療法の相談

CKD患者さんは、心臓などに疾患を持っていたり、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を合併していたりする場合があります。合併している疾患や状態によっては、運動療法を制限する必要があり、場合によっては運動療法が禁忌になることもあります。運動を始める前に、どの程度の運動が可能か医師に相談することが重要です。


CKD患者さんに勧められる運動

CKD患者さんに勧められる運動の種類は、有酸素運動、レジスタンス運動、またはそれらを組み合わせたプログラムになります。
※レジスタンス運動:ダンベル運動やスクワット、腹筋、腕立て伏せなどの、筋肉に抵抗(レジスタンス)をかける動作を繰り返し行う運動。

運動内容の例

運動を無理なく続ける工夫とコツ

最初から長時間がんばるのではなく、「1日に10分だけよけいに歩く」など運動を少しずつ生活に取り入れましょう。

日常生活に運動を取り入れる工夫
また、歩数計を付けて記録したり、音楽を聴きながら散歩したりするなど、自分なりに楽しみながら運動を続けられるスタイルを見つけましょう。

運動を長続きさせるコツ

運動するときの注意

話しながらウォーキングする男女

他人と話しながら続けられる強さの運動で、運動中や後に息苦しさや痛みを感じないようにしましょう。翌日に疲労が残るような激しいスポーツは避けます。また、体調の悪いときは休み、無理をしないことが大切です。

腎移植・透析をお考えの方はこちらへ ⇓ ⇓

バナー

☞【参考】
ご家庭で作れる美味しい腎臓病食「ごほうび腎臓病食を楽しもう!
末期腎不全の治療法「腎代替療法とは

<出典>
*Chen IR, Wang SM, Liang CC et al. Association of walking with survival and RRT among patient with CKD stages 3-5. Clin J Am Soc Nephrol 2014;9:1183-1189


この記事を見た人が読んでいるのは

よくわかる慢性腎臓病



関連記事


じんくん
トップへ