教えて!ドクター

Q

透析は、何のために受けるのですか?

透析は、何のために受けるのですか?

回答いただいた先生
本町矢吹クリニック 院長 政金 生人 先生
本町矢吹クリニック 院長 政金 生人 先生
透析は、何のために受けるのですか?

掲載日:2017/07/20

A

透析とは、腎臓の働きの一部を人工的に補う治療法です。

腎臓の主な役割は、ごはんを食べたり、水を飲んだりすることによって体に溜まった余分な水分や塩分、老廃物を尿として体の外に出すことです。また、赤血球を作るホルモン(造血ホルモン)を作って貧血を防いだり、食べ物からのカルシウムの吸収を促す活性型ビタミンD3を作って骨を丈夫にしたりするなどの役割もあります。

ところが、慢性腎臓病(CKD)になると、これらの機能が次第に損なわれていきます。病気が進行して慢性腎不全となると、もう機能の回復は見込めず、やがて体にはさまざまな異常が現れるようになります。

症状

これらの異常は、そのままにしておくと生命の危機につながるので、腎臓に代わってその役割を果たしてくれる治療法が必要になってきます。全ての役割を果たせる治療法は腎移植しかありませんが、腎移植を行わない場合に、腎臓の最も重要な役割である、「余分な水分・塩分や老廃物の排泄」を代行してくれる治療法が透析です。

HDとPD

透析には、「血液透析」と「腹膜透析」という2種類の方法があり、医師やご家族と相談の上、ライフスタイルなどを考えて患者さん自身で選ぶことができます。また、必要に応じて、途中で透析方法を変更しなければならないときもあります。

ただし、透析は腎臓の機能を回復させる治療法ではありません。そのため、途中で腎移植を受けない限りは、生涯続ける必要があります。
また、余分な水分・塩分や老廃物の排泄ができるといっても、健康な腎臓と同程度の役割が果たせるわけではありませんし、透析では補えない腎臓の機能もあります。そのため、多くの場合、透析療法に加えてさまざまな薬の助けも必要になります。よりよい透析生活を送るためには、食事の内容や塩分・水分などの摂取量に気をつけるなど、自己管理も大変重要です。

薬剤、食事、飲水

☞ 参考:教えて!ドクター「Q. 透析をやめることはできますか?

腎移植・透析をお考えの方はこちらへ ⇓ ⇓

バナー

☞ 参考:
アニメで知る!シリーズ「世界をリードする日本の血液透析!」「広がる腹膜透析の可能性!
動画体験シリーズ「血液透析


この記事を見た人が読んでいるのは

専門家に聞こう!


関連記事


じんくん
トップへ