教えて!ドクター

Q

慢性腎臓病の治療について教えて下さい。

慢性腎臓病の治療について
教えて下さい。

回答いただいた先生
名古屋大学 大学院医学系研究科 病態内科学講座
腎臓内科学 教授 丸山 彰一 先生
名古屋大学 大学院医学系研究科 病態内科学講座
腎臓内科学 教授 丸山 彰一 先生
慢性腎臓病の治療について教えて下さい。

掲載日:2017/03/09

A

慢性腎臓病は治癒が難しい病気です。ただし、早期から適切な治療を行うことで、病気の進行を抑え、末期腎不全に至るのを防げる可能性が高くなり、また、慢性腎臓病に伴う心筋梗塞や脳卒中といった命にかかわる心血管疾患が起こりにくくなります。そのため、早期に発見し、早期に治療を開始することが最も大切です。

定期検査と受診

慢性腎臓病の治療は、まず、慢性腎臓病の原因となっている糖尿病や高血圧、慢性腎炎などの病気にしっかりと対処することが重要です。
☞詳しくは「原疾患(原因疾患)の治療」「ドクターコラム:慢性腎臓病(CKD)と生活習慣病」をご覧ください。

その上で、これらの原因疾患と腎臓の状態を総合的に判断して、さまざまな治療を組み合わせます。

肥満や喫煙といった危険因子は、生活習慣の改善によって取り除きます。また、塩分やタンパク質の制限などの食事療法を行います。
生活習慣の改善+食事療法

ごほうびバナー
原因疾患でもある糖尿病や高血圧に加えて、脂質異常症や高尿酸血症、慢性腎臓病の進行に伴う貧血などの合併症も、慢性腎臓病の悪化や心血管疾患の原因になります。そのため、これらの病気の薬物治療も必要です。また、合併している疾患などにもよりますが、最近は運動療法が積極的に取り入れられています。

薬物療法+運動療法

☞慢性腎臓病の治療については、「アニメで知る!シリーズ:慢性腎臓病の進行を抑えよう!」でも解説しています。

慢性腎臓病が進行して末期腎不全になってしまった場合は、腎臓の機能を補うために腎代替療法が必要になります。腎代替療法には腎移植血液透析腹膜透析の3つがあり、専門医やご家族と相談のうえ、それぞれの患者さんに合った治療法を選びます。

腎代替療法

☞腎代替療法については「アニメで知る!シリーズ:腎代替療法 知っておきたい3つの選択肢!」でも解説しています。


この記事を見た人が読んでいるのは

専門家に聞こう!


関連記事


じんくん
トップへ